武颯塾 名古屋修練会練気武颯拳 太極拳

武颯塾 練気武颯拳 名古屋修練会


セミナー情報






2014年11月/12月 治療系セミナー(一般参加可)終了 
指導 茂呂隆師範
参加費用 3000円
日時 11月15日 15:00〜16:45
日時 12月20日 15:00〜16:45
場所 尾西スポーツセンター
テーマ:治療の手づくり

内容 ・手、身体を痛めない使い方
    ・身体内部に浸透する押し方
    ・施術側と相手側、両側に負担を掛けずに高い効果を得る
    ・その他

内容は予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください

詳細は http://www6.ocn.ne.jp/~muso-ken/page012.html


2013・5 武颯塾名古屋修練会 

第2回治療系セミナー「治療の手づくり」 レポート 
5/25日、名古屋修練会にて武道とは違った視点から脱力を学ぶ、第2回治療系セミナー「 治療の手づくり 」に参加しました。



最初の第1回は修練生の要望により、茂呂隆師範が修練生限定で開催してくださいましたが、予想以上の反響だったため修練生だけではもったいないということで、一般参加の対象をお願いしたところ、快く承諾頂き第2回が開催されることになりました。


今回、「浸透する圧とはどんなものか」などの興味を持たれた方、計23名の参加がありました。

中には、遠方の長野県から参加されるなど、大きな期待度が感じられます。


まず、茂呂師範からこれから始めるセミナーにあたっての注意事項の説明がありました。

「一般的に言われている圧は筋肉を強く作用させる筋力を使って作り出していますが、これからやる浸透する圧は筋力ではありません。ですから、今まで皆さんが経験してきたものの先にあるものではなく、全く別のものです。今からは、今までの知識を全て無くし空っぽにして、これから言うことを信じてその通りやってみてください。そうすれば、誰でも出来ます。」



一般の方に、どれだけ伝わるか不安もありましたが、とりあえずスタートです。


圧を浸透させるための腕づくりとして、肩甲骨から指先まで何回かに分けて緩めていきます。

全く初めての一般の方と組んだのですが、その方は今までの習慣から筋力で肩を吊り上げたり、緊張させて動かしていたので、少し長い時間やっただけで疲れているようでしたが、私は修練で少しは緩めて動かせるようになってきているので、全く疲れることはありませんでした。

また、相手のどこが緊張しているかが感じとれたのも、普段の修練のおかげだと思います。

相手は緊張しているのが判らないため、上手く動かすことが出来ないでいましたが、茂呂師範の言われていた注意点を伝えると、急に動きが変わりすぐ楽に動かせるようになって、驚いていました。

今までの習慣がどれだけ無駄なことをしているか、またそれを止めればすぐに誰でも出来ることを改めて感じました。



茂呂師範の浸透する圧(勁力)の手本を見せていただいたり、相互に腕を緩めたりを繰り返し、最後にうつ伏せになって腰や背中を押して圧が浸透するかの確認をしました。

一般的には、圧は指で押した部位に集中するので指の1,2本分の範囲でしか感じません。

しかし、勁力による圧は身体の中に浸透し、点というより内部を広範囲に面で押されているように感じます。

押してもらって「すごく奥まで効きます。」と伝えると、「何も力を入れてませんよ!」と本人も信じられないというような返答が、とても印象的でした。


約2時間の間、参加者全員が驚きと真剣さ、面白さで夢中になっているのが良く判りましたし、セミナー終了時も興奮冷めやらぬ感じでまだまだ体験したい雰囲気が漂い、名残ほしそうな感じでした。


今までの身体の使い方が常識的になって、本来の自然な動きを阻害しているのが自分でも判ってきてはいますが、自分だけではなかなか取り去ることは出来ません。

しかし茂呂師範の指導を受けながらだと、不思議なことに出来てしまうことも少なくありません。

正しい指導を受けることの大切さを痛感します。

また正しい身体の使い方、つまり本来の自然な動きが出来れば武道だけでなく治療にも応用できることを、このセミナーで体感でき参加して良かったと思います。

武颯塾では他にもいろんな視点からのセミナーをやっていますが、私自身まだ他は参加していませんのではっきりと言うことは出来ませんが、本当に大切な根本的なものを教えてくれているのだと思いました。

その根本的なものを教えてくれているので、やめられません。

早く習得して、もっと自分の可能性を感じられるようにしたいと思います。

参加者の感想の一部です。

●治療をはじめて10年くらいですが、自分の身体が効率よく治療できる身体になっていないことに気づきました。今回の講習会は私にとって大きな転換点になると感動しました。また、よろしくお願いします。

●今まで「筋力」にばかり頼っていました。その無理がたたり、自分自身の腰を壊しました。身体は「水」・「流体」と捉え、柔らかい力・染み透る力を意識して患者さんの身体に接し、自分自身も流体として身体を使えるようになりたいと思いました。今日はカルチャーショックでした。この体験をもっともっと深められるようにしたいです。またの開催をお願いします。

●流体としての身体の使い方、筋力ではなく勁力を使う。力を抜くことで逆に力が浸透するということに、とても強い感銘を受けました。非常に面白く且つためになりました。ありがとうございました。

●普段、自分自身の身体に対して、思った以上に意識が向いていないことを思い知らされました。力が入りすぎなこと、普段から力んでいることが全く理解できていませんでした。今日は本当に不思議な(?)体験でした。続けての開催を希望します。

●いつも力で患者さんと接しているので、指が痛くなってしまいます。今回指導いただいた胸鎖関節を意識すること、肩甲骨の動き等、日常の自分自身の治療に大きな変化をもたらすものばかりでした。是非、また開催してください。


2013年 終了


12月 第8回治療系セミナー(一般参加可) 
11月 第7回治療系セミナー(一般参加可) 
 9月 第6回治療系セミナー(一般参加可) 
 7月 第4回治療系セミナー(一般参加可) 
 6月 第3回治療系セミナー(一般参加可)
 5月 第2回治療系セミナー(一般参加可)
 4月 第1回治療系セミナー

8月 第5回治療系ロングセミナー(一般参加可) 終了
指導 茂呂隆師範
参加費用 5000円
日時 31日 前半13:00〜14:30 後半15:00〜16:45
場所 金山フェールMAMI
    名古屋市熱田区新尾頭1丁目4−2 ローソン100 二階

    金山総合駅徒歩5分
内容 テーマ:治療の手づくり

前半 ・ 脱力流体の基本的な身体づくり

後半 ・ 「勁力」による身体内部への浸透する押し方
      (指・掌・肘・足など)

内容は予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。









inserted by FC2 system